装画を担当しました



『 あなたが子供だった頃、わたしはもう大人だった 』 著: 川崎徹/ 河出書房新社/装丁: 川名潤 (川名潤装丁事務所) / 装画:高杉千明

『あなたが子供だった頃、わたしはもう大人だった』の川崎徹さんは、「元気が出るテレビ」の端っこに座っていた川崎徹さんです。とても静かな小説ですが、長いセンテンスの後半に流れるにつれて、じわじわ冗談になっていき、虚実のわからない言葉で〆る、落語のような読み味でした。 川名潤さんのツイッターより

一緒に収録されている『彼女は長い間猫に話しかけた』も最高でした。

書店の写真


行ってみました、近所の書店。
『新装版 平城山を越えた女』が並んでいるところを許可をいただき撮影。こうして自分の装画のお仕事が書店で並んでいるのをみるのは嬉しいなぁと思います。
こういうのが続くよう頑張らないと。

装画を担当しました


『 新装版 平城山を越えた女 』 著: 内田康夫 / 講談社文庫 /カバーデザイン: 坂川栄治+鳴田小夜子(坂川事務所) / 装画:高杉千明

香薬師像の右手と馬酔木の花を描きました。

書店の写真と新聞広告

『チェーン・ピープル』書店の写真

『チェーン・ピープル』書店の写真

『チェーン・ピープル』新聞広告

『チェーン・ピープル』新聞広告

近所のショッピングモールに入っている書店へ、家族と一緒に『チェーン・ピープル』を探しに行きました。
あったあった!子ども達も喜んでくれて嬉しい!!
ちゃんと許可を得て撮影しました。

下の写真は、滋賀に住んでいる友達が「新聞に広告載ってたよ」と写真を送ってくれました。
多くの方々に読んでもらえたら嬉しいです。

装画を担当しました

『チェーン・ピープル』

『チェーン・ピープル』

『チェーン・ピープル』

『チェーン・ピープル』

『チェーン・ピープル』広げたところ

『チェーン・ピープル』広げたところ

装画を担当しました。
『チェーン・ピープル』
著:三崎亜記/幻冬舎/装丁:赤治絵里 ( 幻冬舎デザイン室 ) / 装画:高杉千明

そでの部分にまで人々がみっちり入っているデザインになっています!

アンジェフリーペーパー『&』のリレーコラムギャラリー挿絵

アンジェフリーペーパー『&』のリレーコラムギャラリー挿絵

アンジェフリーペーパー『&』のリレーコラムギャラリー挿絵

京都 河原町にある雑貨店 アンジェのフリーペーパー『&』のリレーコラムギャラリーのページにて、トライセラトップス・『和田 唱さん』のエッセイの挿絵を担当しました。
本文をお見せできなくて残念なのですが、本当に素敵なエッセイでした!

http://www.angers.jp/

サイトリニューアルしました

ここのところずっと、「絵をみてもらいやすいサイト」にしよう!といろいろ試行錯誤していました。

でも、今からいちから勉強している時間はないし、無料で手軽に出来るサイト・・・と考えた結果やっぱりTumblerかなという結論に・・・
本当はもうちょっとカテゴリー別にみやすくしたいのですが、なかなかうまくいかないなぁ・・・
試行錯誤継続中です。

 

書店の写真

うちの近所の書店ではみつけられなかったと悲しんでいたら、お世話になっている大好きな装丁家Mさんが写真を撮って送ってくださいました。嬉しい!

装画を担当しました

『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』

『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』

『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』帯無し

帯無し

装画を担当しました。
『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』
著者:西尾 元/双葉社/デザイン:金井久幸 (Two Three) /装画:高杉千明
3/8 全国書店にて発売だそうです。

目を逸らしてはいけない現代社会の問題について深く考えさせられる一冊です。

双葉社 手塚さん、Two Three 金井さん本当にありがとうございました。