月別アーカイブ: 2013年8月

思い出す夏休みの工作

毎日毎日白い紙に蟻を描き続け、どうしたらいいか?と試行錯誤していると、なんとも楽しく、すべてを忘れて没頭している自分に気がつきました。
この感覚は、小学生だった遠い日、夏休みの工作を作っていた時と同じです。
あの時となんら変わっていない自分を見つけたようで嬉しいようなくすぐったいような、そんな気持ちになりました。

トレーシングペーパーの花。

トレーシングペーパーの花。

寝てても難しい

起きている次男を描こうとしたら、なんだかんだ言って描かせてくれなかったので、寝てしまうのを待って描いてみました。
でも、3歳らしく描くのはやっぱり難しい・・・
デッサン力の無さにがっかりした今日でした。
ちょっと残念な感じの今日の絵。

寝ている3歳児(まもなく4歳)

寝ている3歳児(まもなく4歳)

作品の制作で、蟻を沢山描いています。
最初、ついつい細部まで描きこんでしまって、なんだか虫眼鏡で覗いたような絵になってしまいました。
狙っているのはそういう絵ではないので、悩むこと数日・・・
そしてその結果、自分が「見えている」ように描く方がより自然な感じになることに気がつきました。
今日の蟻の成果。(写真に撮るとイマイチですが・・・)

蟻

子供達よ!夏休みが終わってしまうぞ

1日搬入なので、もう今日なんて焦る、焦る・・・
こんなに私は焦っているのに、宿題が終わっていないうちの子供たち×2は全然余裕なのです。
どうしてこんなに余裕なの?
事の大変さがわかってないからか?
あるいは大物?
前者である確率が高いように思うけど・・・
人生とは過ぎてみないとわからないものです。
今日は昨日のデッサンをもとに作品制作。

昨日のデッサンをもとに作品制作。

昨日のデッサンをもとに作品制作。

ゴーヤチャンプルにちょっと救われた今日

9月の展示の搬入日が、1日と5日・・・
本当に考えただけでめちゃめちゃ焦って、いてもたってもいられない気持ちです。
気持ちが焦りまくっていたせいで、夕飯を作る気持ちに全然なれなかったけど、でも作らないわけにもいかず・・・
渋々作っていたら思ったよりも数十倍ゴーヤチャンプルの出来がよくて、ちょっと救われた気持ちになりました。
今日は展示用の作品のために描いたデッサンの写真。

うずくまって蟻をみる少女

うずくまって蟻をみる少女。

思い立ったが吉日

昨日、マルプデザインの清水さんから、「新しく仕事を依頼しようと思った時、その人のブログを読んで、その人の人柄をチェックするんだ」というお話を聞き、突然ブログの重要性に目覚めました。(単純な私・・・)
また、「プロの歌手は当然ボイストレーニングやるし、プロ野球選手も日々トレーニングする。なぜイラストレーターなのにデッサンしないのか」という旨のお話も頂き、心に深く突き刺さりました。
以前、イラストレーターの大先輩から「毎日一枚絵を描くと良いんだよ」というお話を聞いて早速始めたものの、あえなく挫折・・・という経験が思い出され、今度こそ!と思い立ったわけです。
中学の3年間と高校の3年間、合計6年の間、(学校に行った日は)一日も欠かさず制服のスカートを寝押しした私だから、本気をだせばきっと出来る!と一大発起。
そんな自分を信じてがんばります。

フードコートにて。 昼食中の人たち。

フードコートにて。昼食中の人たち。